HOME>オススメ情報>見えない部分のエネルギー消費を抑えることができる

エネルギー消費を管理

電気修理

住宅では家電や照明などで、電力を中心としたエネルギーを使用する場面が数多くあります。そしてその中には照明をつけっぱなしで忘れてしまったり、エアコンを過剰に稼働させてしまったりすることは珍しくはありません。いずれもエネルギーの無駄な消費に繋がってしまい、環境にも悪く余計な出費にもなります。そこで自動制御システムを導入しておくと、コンピュータによって自動で機器のオンオフを切り替えたり、エネルギーの消費量が確認できたりするようになります。そのような自動制御を備えている住宅だと、環境への意識が高かったり、月々の電気料金を抑えたいと考えたりする顧客からの注目を集められるでしょう。

初期費用がかかる

コンセント

住宅に導入できる自動制御システムには色々な種類があり、その規模によって費用が異なります。ただいずれの場合もまずはシステムを導入しなければ始まらないので、顧客に初期費用を負担してもらう必要があります。そしてしっかりと制御できる機能をもったシステムであれば、少なくとも100万円は上乗せすることになるでしょう。顧客にはエネルギーの節約によって、その初期費用分を回収するということを説明する必要があります。

広告募集中